スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
このごろ思うこと
2010-09-14 Tue 01:49
実に、1年と1か月以上ぶりの更新。
もちろん、サイが眠ってから初めての更新。

見てくれる人、多分誰もおられないと思うけれど。。。


2006年に、叔父と母が亡くなったことから始まり、
2008年に父、そして今年2010年にはサイ。。。

私にとって大切な人、愛犬が、
次々と目の前からいなくなってしまった。

こんなつらい5年間って、50年近く生きてきて、
きっとなかったと思う。

両親と大体同じ時期にサイが眠ったということは、
サイは私の親として逝ってしまったことになる?

しかも、本当の親よりも、介護する時期が短かった。
娘思いな母だったことになる。


この娘思いな母、、、いや、サイが、
先日、姿を見せてくれた。
普段、1日何回も名前を呼び、
その度に、私のそばに戻ってきてくれていると信じているのだが、
あの日は、確かにサイの姿をこの目で見た。
一瞬のうちに、消えてしまったけれど。。。

「サイちゃんに会いたい!」と毎日念じていると、
時には本当に会うことができるのだと、
サイと私の心が繋がっていることに、
またまた涙を流しながら感動した。



人間の一生、とりわけ最期の迎えかたは様々。
両親と愛犬を立て続けに見送った私は、
長い年月周囲に迷惑をかけることなく、
ぽっくり楽に逝ってしまいたい
と、
最近富にそう思う。



スポンサーサイト
別窓 | 単なるボヤき | コメント:4 | トラックバック:1 | top↑
会いたい
2009-07-28 Tue 14:40
実家へ行く途中、父そっくりな老人を見かけた。
背格好や姿勢が怖いほど似ていた。
頭のてっぺんにイボのようなものができているところまで似ていた。

自転車に乗っていた私は、その老人の前を過ぎ去った途端、
無性に父に会いたくなった。
そう思うと、母にも会いたくなった。

父にも母にも、色々話を聞いてほしい。

もし話すことができたら、父と母は、私になんて声をかけてくれるだろう。




別窓 | 単なるボヤき | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
「偽」
2007-12-17 Mon 08:09
先日、「今年の漢字」が発表され、清水寺の貫主が力強く「偽」と書かれた。
実は私、この字が選ばれるだろうと予想していて、
「ほらっ! 私の言うとおりやん!」と威張っていたら、主人に、
「んなもん、誰でもわかるわ。」と、あっけなく言われてしまった。

それは当然かもしれない。
これだけ多くの、食品業界での偽装問題、年金の記録問題などが発覚したのだから。
薬害肝炎訴訟問題のように、命に関わることにまで発展していないとは言え、
「またか・・・。」と呆れるほどこんなに次から次とわかってくると、
ひょっとして、自分もすでに口にしたかもしれないと、背筋が寒くなってきてしまう。

偽りのない世界って、存在しないのだろうかと、思ってしまうほどだ。


来年は、いったい、いくつの「偽」が明らかになるのだろう?
別窓 | 単なるボヤき | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
夢見るのが好き
2007-09-24 Mon 23:27
夢を見るのは、熟睡できていないからだと言われるけれど、
私は結構、夢を見るのが好き。

昨晩の夢に、「キムタク」が出てきた。
特別ファンというわけではないけれど、
なぜか夢の中では好きになっていた。
キムタクに限らず、夢の中で恋仲になったりすると、
不思議なことに、夢から覚めても好きなままでいてしまう。
キムタクと愛し合うなんて、絶対あり得ないのに、
夢の中では信じきっている私。
そして目が覚めて、、、がっかり~。

日頃の願望からか、
夢の中で、タレントか誰かと、すぐ恋に堕ちる私。
そんな夢ばかりならいいけど、
怖い夢や、悲しい夢も、もちろん見ることがある。
そういう場合は、
覚めてからほっとする。

がっかりしたり、ほっとしたり、
夢によって、覚めた時の気持ちが随分違って、
場合によっては、しばらく立ち直れなかったりするけれど、
もうひとりの自分を客観的に見ているような気がして、
私は、夢を見ている時、妙に幸せを感じる。



別窓 | 単なるボヤき | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
強さをもらおう
2007-08-13 Mon 23:49
今、夏の甲子園が沸いている。
去年の、あの名勝負から1年。
マーくんはプロ野球選手として、佑ちゃんは大学野球で、それぞれ活躍しているが、まだあの緊迫した雰囲気は、しっかり心の中に残ったままだ。

今年は、親戚に縁のある高校が出場したので、
暑さなんて気にせず応援に行って来た。
残念ながら、初戦突破とはいかなかった。

あまりにも周りから期待され、プレッシャーの重圧に負け、
本来の実力が発揮できなかったように思うけれど、
勝負の世界では、そんなことを言ってられないのが現実。
どんな状態であろうが、あの炎天下で、集中力を絶やさず、
相手のチームと全力で戦い、
そしてまた、自分自身とも戦いぬいた者こそが、
最後まで勝ち残るのだと思う。

ああいう、ひたむきで我武者羅な選手達を見ていると、
ついつい胸がいっぱいになり、
試合終了の時の、負けた選手が勝った選手に声をかけている姿が目に入った途端、涙が自然に溢れてしまう。
とともに、普段何かと弱気になってしまう私が、すごくちっぽけに思えてしまう。
そして、パワーをもらった気持ちになり、思わず「ありがとう。」と心の中で叫ぶ。


もちろんすべての試合を見ることはできないけれど、
この酷暑の中戦っている選手達を励みにして、
これから先自分にふりかかってくる困難も乗り越えて、
たくましく生きていけるおばさんになっていこうと、
テレビに映る球児を見て強く思う。


別窓 | 単なるボヤき | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
| ひとりごとブツブツ。。。 | NEXT
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。