スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
冷静になることの難しさ
2009-05-30 Sat 22:40
「11都道府県 377人」
これは、5月30日現在、確認されている「新型インフルエンザ」の感染者の数。
・・・って、確かにどんどん広がっていっていることは知らなければならないけれど、
見つかる度に、こうして人数が発表されるって、どうかと思う。

初の感染者が見つかってしばらくは、発表される毎に「びくっ!」と反応していたが、
今は、「そりゃ増えていくのは当たり前。実際はきっと、もっともっと多くの人が感染し、発表されることもなく回復している場合もあるだろう。」なんてことを考えてしまったりする。

それにしても、実に色々な方面にわたって影響を及ぼしてきたことには驚かされる。
拡大が少しは横ばいになってきたと言われるけれど、
これから梅雨に入り、その後猛暑を迎え、そして、季節がさらに動き、本来の(?)季節性インフルエンザが流行する時期がやって来た時、、、、、

今のこの新型インフルエンザが、依然として密かに形を変え居座り、もっと強毒性になっていたとしたら、、、


こんな最悪なケースを、もちろん想定してはおられるだろうけれど、
ワクチンが間に合わなくても、どうか国民が皆パニックにならないよう、
少しでも冷静で適切な対応を政府がとってくれることを、心から祈るばかりである。




スポンサーサイト
別窓 | 怖いこと | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
どうして・・・?
2008-07-30 Wed 09:34
どうして「誰でもよかった。」って考える?
どうして「都市型ゲリラ豪雨」が突然街を襲う?
どうして「新型インフルエンザ」なんていう、昔考えられなかったような恐ろしい魔物が潜んでる?
どうして「大地震」が永遠の人類の敵として、常に潜伏している?


こんなに怖いことだらけの昨今。
「この世の果て」なんて言葉が、頭をよぎる。
あと何年生きられるかは全くわからないけれど、
ごく普通に最期を迎えたいと、
この頃切にそう願う。





別窓 | 怖いこと | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
「緊急」に対してできることって・・・?
2007-09-30 Sun 09:49
明日から始まる「緊急地震速報」。
これに関してのニュースを見れば見るほど、
なぜか不安になるのは私だけだろうか?

速報が出たとしての訓練の様子がよく映し出されるけれど、
確かに、何の予報もなく突然地震が襲ってくることに比べれば、
自分の身を守ろうとする動作を、少しでも早くしようとする分、
被害を少しでも減らせる気はする。
でも、、、

いざ実際に、
「あと10秒で地震が来ます。」
「あと5秒。。。」
「揺れます。」
なんていう声を聞きながら、冷静にテーブルの下に潜り込んだりできるだろうか?

慌てて、火元を消そうとしてはいけないらしいということは意外だった。
間もなく揺れようとする時、かえって危険だかららしい。
でも、ついコンロの方へ行ってしまいそうだ。

実際訓練に参加した人が、
「やはり速報が流れた方がいい。」と言っていた一方で、
何もすることができず、ただ呆然としていたお年寄りの方もおられた。
手術中ならどうするかという設定での訓練もされていた。
執刀医を含めて手術室にいた医者達は、
メスなどの器具を一旦手から離し、
患者の体の上にガーゼのようなものを被せ、
ぶら下がっている電気などを横の方へ速やかに移動させ、
さぁ揺れるぞという瞬間には、全員が患者を囲んで保護していた。
本当にあんな風に行動できるのだろうか?
もしも激しい揺れが起こったら、あんなに冷静に守ることなんて絶対無理で、
自分自身立っていることも困難になるに違いない。

それに、外を歩いていたり、
家にいてもテレビをつけていなかったりしたら、
速報が流れていることは当然わからない。
また、人の集まる所で速報が流れたとしたら、
恐ろしいほどのパニック状態になる光景が目に浮かぶ。

日頃から、「もしも速報を耳にしたら。。。」ということを各自が覚悟(なんて言うと、緊迫感ありすぎだけど)しておいて、
流れた瞬間、反射的に身を守る行動をとれるように、
とにかく落ち着くことが第一、、、、
ってことは、土壇場になった時に冷静になるという心構えが、
本当に必要になってくる。

どちらかといえば、何か起こった場合、
すぐに慌てふためく私には、冷静になることができるなんて、ほとんど自信がない。

それにしても、こんな速報が流れるようになるということは、
間違いなく、大地震が近い将来襲ってくるということなのだろう。
そんなことを思うだけで、
まるで、爆撃機が迫ってきて空襲警報が鳴り響く戦時中のような気がしてしまう。


もしも、、、、
本当に緊急地震速報を家で耳にしてしまったら、
ガレージにいるサイをどのようにして守ってやればいいのだろう?



別窓 | 怖いこと | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
私の最期は。。。
2007-07-16 Mon 14:39
台風が去ったら今度は地震。
次々と被害状況が明らかになってくるようだ。
家が崩壊した人、家族を失くした人、怪我をした人のお気持ちを察すると、胸が痛む。
しばらく余震の恐怖と向き合う生活が続くけれど、
一日でも早く、元の生活に戻ることを願いながら、
気持ちを強く持って、避難生活を耐え抜いていただきたいと思う。
それとともに、痛感するのは、、、明日は我が身?ってこと。
我が家の真下には、断層が走っている。。。

世の中に色々怖いことがあるけれど、
私はやっぱり、地震が怖い。
台風と違い予報が出ないから。
これから先、出るという情報もあるけれど、
もし出たら出たで、これまた恐怖心が襲ってくる。

去年のように、身内に不幸があったりすると、
「自分はいったいどんな最期を迎えるんやろ?」なんてことを考えたりする。
できることなら、病気にはかかりたくない。
でも、もっと嫌なのは、天災で命を落とすこと。
それから、不慮の事故にも絶対遭いたくない。
どんな亡くなり方でも、人生それまでと言ってしまえばお終いだが、
私がどんな状態で、葬られるのだろうかということ、
時々考えてしまうって、暗すぎる・・・?

かといって、介護が必要になって、
皆から鬱陶しく思われるぐらいなら、
天災でも、事故でも、
惜しまれながら、急にこの世から去る方がいいのかなぁ。。。

はっ、、、、ごめんなさい。
何人かの人が、今回の地震で命を落としておられるのに、
こんなこと、つぶやくのは、不謹慎!

IMG_0083.jpg
今朝の散歩中見つけて連れて帰ってきたかたつむり。
ひとつ違えば、誰かに踏み潰されるところだった。。。
あとで、公園の葉っぱに逃がそうかなぁ~。
別窓 | 怖いこと | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
| ひとりごとブツブツ。。。 |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。