スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
おさがり
2008-04-10 Thu 20:26
母が亡くなって間もなく1年と4か月。
時々、元気だった母の姿や、やつれて寝込んでしまっている母の姿など、
色々思い出しては、語りかけたりしている。

母が身につけていたものなど、急に片付けるなんてこと、
姉は到底できなくて、
ずっと箪笥にしまっていたままだったのだが、
昨日実家に行った時、
「おかあちゃんが着てはった黒いお葬式用の服とか、
着れるものがあったら、持って帰ったら~?」
と、老父の介護で疲れきった顔をした姉が、ぼそっと言い出した。
母は私よりもずっと身長が低く、華奢な体型だったが、
きっと長いめの丈で着ていたであろう、黒いワンピースやスーツを見ると、
私が着ても、大丈夫なように思えた。
ちゃんとした夏用の喪服を持っていなかったので、
買う必要がなくなり、すごく助かった。

「スカーフもいっぱいあるし、選んで持って帰りや~。」と姉。
そういえば、母はネックレスなどのアクセサリーは一切付けず、
唯一スカーフだけ、飾りに使っていたのだ。
だから、誕生日プレゼントに、よくスカーフを選んだ。
箪笥の中から出てきた中に、私がプレゼントしたものがたくさんあった。
あまり外に出なくなりかけた頃にプレゼントした、小さなスパンコールの付いた黒いスカーフが、一回も使われないまま出てきた時には、胸が詰まった。
そのスカーフも含め、何枚かのスカーフが、
私のもとに戻ってきた。

「おかあちゃん。このワンピースとスーツ、それに、気に入って使ってくれてたスカーフ、
喜んで私使うわ~。ありがとう!」
と、思わず言葉が出た。

「へぇ~。おかあちゃんよりもあんたの方が背が高いのに、
うまいことサイズが合ってるやん。」
「そのスカーフ、あんたのその服に、よぅ合ってるわ。」
などと、きっとあの世から声をかけてくれるだろう。

そういえば、母が亡くなった日、私が実家へ着ていったカーディガンも、
偶然、母にもらったものだった。
あの時、母の気持ちがそうさせたのだと、
家に帰ってカーディガンを脱いでからも、ずっと握り締め、涙が止まらなかった。

母からのおさがりを身につけた時、
なんらかの母からの言葉が聞こえたら、
どれだけ嬉しいことか。。。

おかあちゃん、今度おかあちゃんのスカーフ巻いたら、
「あんた、それ、よぅ似合ってるで。」
って、聞こえる声で言ってほしい。




スポンサーサイト
別窓 | | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<<どうして・・・? | ひとりごとブツブツ。。。 | 人の死>>
この記事のコメント
追いかけようとしたけど


まだ来たらアカン!

って怒られたわ。
2008-06-26 Thu 10:32 | URL | あゆみき #-[ 内容変更] | top↑
>あゆみきちゃん
またまたありがと!

出てきはったん? ええなぁ。
私の夢には、全然出てきてくれはらへん。

そりゃ、まだ行ったらあかんって!
でも、思わず追いかけたくなるよね。。。
2008-07-01 Tue 10:13 | URL | サイママ #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ひとりごとブツブツ。。。 |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。