スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
このごろ思うこと
2010-09-14 Tue 01:49
実に、1年と1か月以上ぶりの更新。
もちろん、サイが眠ってから初めての更新。

見てくれる人、多分誰もおられないと思うけれど。。。


2006年に、叔父と母が亡くなったことから始まり、
2008年に父、そして今年2010年にはサイ。。。

私にとって大切な人、愛犬が、
次々と目の前からいなくなってしまった。

こんなつらい5年間って、50年近く生きてきて、
きっとなかったと思う。

両親と大体同じ時期にサイが眠ったということは、
サイは私の親として逝ってしまったことになる?

しかも、本当の親よりも、介護する時期が短かった。
娘思いな母だったことになる。


この娘思いな母、、、いや、サイが、
先日、姿を見せてくれた。
普段、1日何回も名前を呼び、
その度に、私のそばに戻ってきてくれていると信じているのだが、
あの日は、確かにサイの姿をこの目で見た。
一瞬のうちに、消えてしまったけれど。。。

「サイちゃんに会いたい!」と毎日念じていると、
時には本当に会うことができるのだと、
サイと私の心が繋がっていることに、
またまた涙を流しながら感動した。



人間の一生、とりわけ最期の迎えかたは様々。
両親と愛犬を立て続けに見送った私は、
長い年月周囲に迷惑をかけることなく、
ぽっくり楽に逝ってしまいたい
と、
最近富にそう思う。



スポンサーサイト
別窓 | 単なるボヤき | コメント:4 | トラックバック:1 | top↑
| ひとりごとブツブツ。。。 | 会いたい>>
この記事のコメント
よーくわかるっ!
子供の頃、【死】というものがすごく恐くてたまらなかった時期がありました。
でも、この年齢になってくると、私もやっぱり自分の最後の迎え方とか、死後の家族の事だとかを、冷静に考えます。

サイママさんも、大切な人(サイちゃんも)を立て続けに見送られたんですね。
私にはまだ母がいますが、弟と父と先代ワンコを見送りました。
人は、身近な【死】を通して、自分の【死】も受け入れられるようになるんでしょうか。
でも親であれ、愛犬であれ、亡くしてからの方が思い出が鮮明になり、恋しく想うなんて‥切ないですよね^^

私の勝手な想像かもしれませんが(ごめんなさい)
サイママさんは、夜、布団の中でサイちゃんのことを思い出して、涙がとまらない日が続いているのではないですか。
私はずっとそうでした。(家にいる時もネ)

でも、そう!!
サイちゃんは、サイママさんの側にいますね!
ワンコたちは、虹の橋の向こうから、フラっと帰ってきたりしているんでしょうね。
きっと自由に行き来しているんでしょう^^
嬉しそうな笑顔で家の中を走りまわっているんでしょうけど、、、
ちょっとぐらい姿をみせてくれてもいいのに‥と、飼い主は思いますよね~~(^^)V
2010-09-15 Wed 18:28 | URL | いまり #-[ 内容変更] | top↑
>いまりさん
いまりさん、このブログも見つけてくださって、
コメントもありがとうございます。

「死」というものの捉え方、確かに年齢とともに変わってきましたよね。
そして身近なものの死を通じて、
受け入れ方も変わってくる。。。
「怖い」という気持ちが、少し和らいでくるのが不思議です。

そうなんですよ~。
亡くしてから、すごく愛しく思うんです。
たまらない気持ちになります。

へへへ、、、おかげさまで(?)最近は、
枕を濡らすことは少なくなりましたが、
サイちゃんが眠ってからしばらくは、
ひどいものでした。

サイが亡くなってしばらくしてから購入した「ペットは死後も生きている」という本を、ずっと読む気になれなかったのですが、
昨日読みはじめたんです。
すごく納得することが多いです。
いまりさんが書かれていることに通じるところがありますよ。
サイにはまた現れてほしいです。
2010-09-21 Tue 22:05 | URL | サイママ #hfg3l8os[ 内容変更] | top↑
サイママさん・・・初めまして。
我が家のブログ:nonnaに来ていただいたようで・・・
我が家も、、、ブリーダーを始めるようになって何年か経つんですが・・・いろいろと死に向き合うことが多いんです。
僕自身ワンコが常にいましたし、今もたくさん(*^-^*)います。
でも、、今回の出産期に4人の赤ちゃんが行ってしまいました。
一人は母親の身体の下敷きになって・・・
二人は他の母親がその子達を自分の元に連れようと加減をできないまま咥えてしまって・・・
そして、もうひとりは低血糖で急に・・・
それぞれ可愛い顔のままで逝っちゃいました。

ブリーダーなので死と向き合うことがとても多いのですが、、、
それぞれにそれぞれの悲しみがあります。

サイママの場合もご両親に続いて、最愛の子までも逝ってしまって・・・さぞおつらかったと思います。

僕は生涯の中で本当にたくさんのワンコの死と向き合ってきましたが、、、それらはとても悲しい思い出なんですが・・・

反面楽しい思い出をよみがえらせる機会でもあります。

僕は写真が好きなので子供達の写真をいっぱい撮ってありますが、、たまに整理をしている時に逝ってしまった子達

写真を見つけると楽しい思い出が次々とよみがえってきます。

そんなとき・・・とても嬉しくて暖かくなります。

逝ってしまって子供達が行くところは天国しかないんですね。
人間と違って地獄はないんです。 幸せなことに・・・

でも人がいつまでも逝ってしまった子達のことを考えていると、、、飼い主のそばで慰めなきゃと思って・・・・
天国に行けないままになっているそうです。

夢に出てくるということはサイ君?がそばにいてくれて慰めてくれています。
とても嬉しいことですよね。 また夢で合いたいですよね。

でもいつもそう願っていると・・・いつまでもそばにいてくれるんですが、、、
いつまでも・・・いつまでも・・・天国に行けないんです。

僕は逝ってしまった子達を思い出すことは勿論あります。
でも、、天国に行かせてあげることも必要かも・・・





2010-09-24 Fri 13:28 | URL | なにわの欣ちゃん #AbZyftr.[ 内容変更] | top↑
>なにわの欣ちゃんさん
返事が遅くなって、申し訳ありません。

ふとしたところから、そちらにお邪魔したようです。
何もコメントを残さずにすみません(あとで行きます。)

ブリーダーをされてるんですね。
可愛い生まれたてのわんことの出会いもあれば、
そんなつらい別れもご経験され。。。
お気持ちお察しします。
でも、確かに、別れとともに、
楽しかった思い出が甦り、
暖かな気持ちになりますよね。
私も、実は昨日また泣いてしまい、
それと同時に、サイ(♀です。)の愛しさを改めて感じ、
不思議な嬉しさが湧いてきました。

逝ってしまったわんこは、向こうでは、
こっちで患っていた病気から解放され、
とても快適に過ごしているのだと、
本で読んだことがあります。

毎日サイに語りかけてます。
「サイちゃん、どうしてる~~?」ってね。


いつまでも天国に行けない。。。
私は、呼んだらいつでもこっちに戻ってきてくれると、
勝手に考えているんですけど、
それはあまりにも自分勝手な考え方かな?

コメント、ありがとうございます。
2010-09-27 Mon 21:04 | URL | サイママ #hfg3l8os[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
-
管理人の承認後に表示されます…
2012-11-25 Sun 12:41
| ひとりごとブツブツ。。。 |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。