スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
「緊急」に対してできることって・・・?
2007-09-30 Sun 09:49
明日から始まる「緊急地震速報」。
これに関してのニュースを見れば見るほど、
なぜか不安になるのは私だけだろうか?

速報が出たとしての訓練の様子がよく映し出されるけれど、
確かに、何の予報もなく突然地震が襲ってくることに比べれば、
自分の身を守ろうとする動作を、少しでも早くしようとする分、
被害を少しでも減らせる気はする。
でも、、、

いざ実際に、
「あと10秒で地震が来ます。」
「あと5秒。。。」
「揺れます。」
なんていう声を聞きながら、冷静にテーブルの下に潜り込んだりできるだろうか?

慌てて、火元を消そうとしてはいけないらしいということは意外だった。
間もなく揺れようとする時、かえって危険だかららしい。
でも、ついコンロの方へ行ってしまいそうだ。

実際訓練に参加した人が、
「やはり速報が流れた方がいい。」と言っていた一方で、
何もすることができず、ただ呆然としていたお年寄りの方もおられた。
手術中ならどうするかという設定での訓練もされていた。
執刀医を含めて手術室にいた医者達は、
メスなどの器具を一旦手から離し、
患者の体の上にガーゼのようなものを被せ、
ぶら下がっている電気などを横の方へ速やかに移動させ、
さぁ揺れるぞという瞬間には、全員が患者を囲んで保護していた。
本当にあんな風に行動できるのだろうか?
もしも激しい揺れが起こったら、あんなに冷静に守ることなんて絶対無理で、
自分自身立っていることも困難になるに違いない。

それに、外を歩いていたり、
家にいてもテレビをつけていなかったりしたら、
速報が流れていることは当然わからない。
また、人の集まる所で速報が流れたとしたら、
恐ろしいほどのパニック状態になる光景が目に浮かぶ。

日頃から、「もしも速報を耳にしたら。。。」ということを各自が覚悟(なんて言うと、緊迫感ありすぎだけど)しておいて、
流れた瞬間、反射的に身を守る行動をとれるように、
とにかく落ち着くことが第一、、、、
ってことは、土壇場になった時に冷静になるという心構えが、
本当に必要になってくる。

どちらかといえば、何か起こった場合、
すぐに慌てふためく私には、冷静になることができるなんて、ほとんど自信がない。

それにしても、こんな速報が流れるようになるということは、
間違いなく、大地震が近い将来襲ってくるということなのだろう。
そんなことを思うだけで、
まるで、爆撃機が迫ってきて空襲警報が鳴り響く戦時中のような気がしてしまう。


もしも、、、、
本当に緊急地震速報を家で耳にしてしまったら、
ガレージにいるサイをどのようにして守ってやればいいのだろう?



スポンサーサイト
別窓 | 怖いこと | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<<久しぶりに | ひとりごとブツブツ。。。 | 夢見るのが好き>>
この記事のコメント
こんにちは。
私のすんでいる地域は巨大地震が来るといわれて
30年以上経ちます。
先日も真夜中に震度4の地震が起きたばかりです。
目が覚めて慌てて電動シャッターをあげましたが
そんなことをするのなら玄関を開けに行った方が
早かったです。

私も慌ててやすいので
その時になったらきちんとした行動ができるか不安です。

夜中の地震の時はハナの爪の音が廊下から
カタカタと聞こえてきました。
ハナも不安だったと思います。
いざという時にはハナも抱えて逃げなければ・・・・。
年老いて動けなくなっていても。
ご老人や赤ちゃんを抱えた家庭では
もっと大変だと思います。
2007-10-03 Wed 12:26 | URL | mikihana #ctOCoymo[ 内容変更] | top↑
>mikihanaさん
ここにもコメントをありがとう!

そちらも「東海地震」が言われてますよね。
こっちも、、、家の真下に「花折断層」が走っていて、いつぐらっときてもおかしくないらしいです。
といっても、何も予想されていないところでも起こったりするし、
日本列島、どこでいつ大揺れするなんて、実際わからないですよね。

そうそう、先日小田原が震源で、、、
すぐに次男にメールしました。(震度3だったみたい)
返事は、なかったけど、、、
急に来ても、咄嗟にどうしたらいいかなんて、わからないですよね~。

ハナちゃんも怖かったんでしょうね。
阪神大震災の時には、
今住んでいるところからちょっとだけ離れているところに住んでいて、
サイを迎えて1ヶ月ぐらいでした。
特に吠えたりせず、小さい頃から動じない子でした。

そうですよね。高齢者や赤ちゃん、
それにお身体が不自由な方がおられるご家庭は大変です。
きょう実家へ行ってたけど、老父はますます動作がゆっくりで、押し車なしでは歩けないし、
古い家の中で、もし揺れたら、、、、
あ~、考えただけでもぞっとします。
2007-10-05 Fri 00:07 | URL | サイママ #hfg3l8os[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ひとりごとブツブツ。。。 |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。